犬の自然な動きを利用すると、しつけやすい

犬のしつけと言うと、ワンちゃんに何か新しいことを覚えさせることのように思えるかもしれませんが、これは必ずしも正解とは言えません。しつけというのは、犬が元々取っている行動と飼い主の意図を結びつける行為という一面もあるからです。

 

こんなふうに文章に書くと分かりづらいのですが、次のような感じです。

 

たとえば、オスワリという行為がありますが、これは犬本来の動きです。犬を観察していれば分かりますが、座るという行為をごく自然に行っています。しつけというのは、これは『オスワリ』という行為であること、飼い主が『オスワリ』と口にした時には座るという行為をするように言われていると理解させることです。

犬のしつけ

 

使う言葉を変えれば、飼い主がその言葉を口にしたときには座るようにもできます。『オスワリ』の変わりに『コマネチ』でも何でもいいわけです。

 

犬と飼い主の間でルールを決めるというイメージです。元々、犬本来の動きだからこそ出来るわけです。これを意識すると、犬のしつけ方のコツが分かってきます。

 

『バキュン!』といった一見複雑な動きも、手順としては伏せたり、ごろんと横になったりといった犬の自然な動きの組み合わせです。


さて、この事実をもとにした実践的な犬のしつけ法ですが、あなたが飼っているワンちゃんの動きを観察することが重要となってきます。普段の生活のなかで、どんな動きをしているのか見極めます。犬には個体差があるので、ワンちゃんによって、とる動きが微妙に違ってきますが、頻繁に繰り返す動きであれば、それをもとにしつけることが簡単になります。

 

たとえば、我が家のチビの場合、テーブルの上でドッグフードを取り分けていると、ジャンプして私に飛びつくという動きをする癖がありました。そこで、飛び跳ねるタイミングを見計らって『ジャンプ!』と声をかけて跳ねた後に、ドッグフードを一粒あげるということを繰り返すことで、『ジャンプ!』といったら、跳ぶようにしつけることが出来ました。

 

こんなふうにしていくと、比較的簡単に動きを覚えさせることができます。是非、試してみてください。