難易度に応じて、ご褒美を変える

犬のしつけをするときに欠かせないのがご褒美。

この『ご褒美』を複数用意して、行動の難易度によってあげるものを変えることで、トレーニング効果を高めることができます。

ワンちゃんが比較的簡単にできることはスナック、難しいことを出来たときにはチーズというふうにです。難易度が高いものほど、ワンちゃんが喜ぶご褒美をあげるのがポイントです。

我が家の場合、ササミを小さくしたものを基本のご褒美として、少しハードルが高いことをクリアしたときにはチーズ、かなり難しいことを達成したときには牛肉のサラミをあげています。(もちろん、犬の好きな順です。)

犬のおやつ

上がササミ、下の左側がビーフジャーキー、右側がチーズです。チーズは人間の私が食べてもおいしいです^^


ササミ

ササミは小粒に切って与えるようにしています。犬は多くの分量を一度にもらえるよりも、少ない分量を何回ももらえるほうが嬉しいそうです。

量ではなく回数のほうが重要ということですね。

そこで、おやつを小さくすることで、与える回数を増やしています。これでおやつを与えすぎずに済みます。ドッグトレーナーさんに教えてもらったプチテクニックです。


また、何事も覚え初めのときには、強い印象を与えるため牛肉や豚肉をご褒美にしています。我が家のチビにとっては、リーサルウェポン級の大好物なので、肉を見せれば、どんなこともスムーズにしてくれます。

たいていは肉がないと出来なくなるのですが、数日繰り返すと、その動きを覚えてくれて肉無しでも出来るようになります。これで、とてもしつけが楽になります。

生肉はやり過ぎかもしれませんが、常日頃から2~3種類のご褒美を分けるようにすると飽き防止にもつながるのでオススメです。

ちなみに、生肉の話が出たので補足ですが、豚肉を生の状態であげるのはワンちゃんの健康上、良くありません。豚肉をあげるときには必ず茹でてからにしてください。