25歳のワンちゃん

ヤフーのニュースで生存する最長寿犬としてギネスブックに認定されたワンちゃんの記事が出ていました。



栃木県さくら市葛城の主婦篠原由美子さん(41)が飼うオスの雑種犬「プースケ」が、生存する最長寿犬としてギネス世界記録に認定された。

 25歳9か月で、人間に換算すると125歳を超える"スーパーおじいちゃん犬"。2年前に交通事故に遭って大けがをしたが、現在は健康状態も上々。愛くるしいそぶりが周囲に元気を与えている。

 篠原さんによると、プースケは1985年3月にシバ犬と雑種犬の間に生まれ、狂犬病などの予防接種を受けるため4月1日に飼い犬登録された。今年7月、 ギネスワールドレコーズ社(英国)に同市の登録原簿の写しやプースケの写真などを添えて申請したところ、今月20日、正式に認定されたと連絡があった。

 ギネスブックによると、プースケが認定される前の記録は豪メルボルンに住むオーストラリアンケルピーの21歳3か月で、これまでに最も長く生きた犬は29歳5か月。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101224-00000004-yom-soci



25歳9ヶ月ってスゴイですね。1985年って遙か昔のような・・・

1985年というのは私が12歳の時なのですが、ちょうどこの頃、柴犬を飼い始めました。

ポールと名付けた白毛の柴だったのですが、16年生きました。

長生きしてくれたなと思ったものですが、同じ頃生まれたワンちゃんが今も生きているというのは驚きの一言です。

でも、犬好きとしては勇気をもらえる嬉しい話です。プースケくん、写真を見る限り、とても元気そうで、まだまだ生きていられるそうな感じです。

2年前に交通事故に遭ったのに、今では回復してというのもスゴイです。

どんなことをしたら、これだけ元気で生きられるのか秘訣を聞いてみたいです。

世界最高齢は29歳ですから、まだまだいけますね。本当に、いつまでも元気でいて欲しいです。