里親募集サイト一覧:ペットショップで飼うのではなく、里親になってみませんか?

を飼おう!

そう思った人の大半が犬を手に入れる手段として考えるのがペットショップやブリーダーさんから譲ってもらうなど、お金を出して手に入れるということだと思います。

でも、もう一つの選択肢として里親になるという方法もあります。

里親というのは捨て犬、ほかの飼い主さんが飼えなくなってしまった犬を引き取るということです。

インターネットで検索すると、里親を募集しているサイトがたくさん出てきます。

先日、私はライフボートというNPO法人のサイトを見つけたのですが、里親を募集しているワンちゃんの写真をみて驚きました。

こんな感じです↓

ライブボード

(参照元)http://www.lifeboatjapan.org/satooya/dog/dogs.htm?dog-top


思わず『ペットショップ?』と思いました。

正直に言うと、私の感覚では里親を募集している犬というのは、ちょっと見栄えの悪い成犬を引き取るといったイメージでした。

そのため、あまり犬の里親になるということは考えていませんでした。

久々に犬を飼うと実家の親に伝えた時、『ペットショップで買ったりするのではなく、行き先がない犬を引き取ってあげなよ』と言われたのですが、どうしても柴の子犬を飼いたかったので、ブリーダーさんから譲ってもらいました。

引き取り手がない犬は殺処分になってしまうこと、自分が引き取り手になれば1匹でも救えるということを分かっていながら、自分の好みを優先してしまいました。

ただ、ライフボートのサイトで里親募集のワンちゃんを見たときに、この子達であれば、自分の好みを満たす形で無理無く里親になることが出来たのにと思いました。

このページで、お伝えしたいのは、この感覚です。

私自身、お金を出して犬を買った人間なので、『生き物をお金でやりとりするなんていけないことだ』と言うつもりはありません。(その資格がありません。)

この犬種で、カワイイ子犬が欲しいというのが正直な気持ちだと思います。

ただし、今ではペットショップでなくても、そういったメチャクチャ可愛いワンちゃんが手に入るということです。

ライフボートがきっかけで、インターネットを調べてみたのですが、里親を募集しているサイトはたくさんあります。

ミニチュアダックス、漠、豆柴など、ペットショップで高額で販売されている犬種すら募集対象となっています。

あなたが欲しいと思うワンちゃんが必ず見つかると思います。

里親を募集しているのは、営利目的ではなく犬を救おうという目的で運営している団体ですから、ワンちゃんの健康管理などもしっかりしています。下手なペットショップで買うよりも、よほど安心です。

犬を飼おうと考えている人にとって、ワンちゃんを手に入れる選択肢として『里親になる』というのは十分、考慮に値するものだと思います。

里親になれば、一匹のワンちゃんを殺処分から救うことになります。

是非、本気で検討してみてください。


里親募集の内容を読んでいるうちに、転勤で連れていけなくなってしまったとか、生まれた(人間の)赤ちゃんが犬アレルギーで、どうしても犬を飼えなくなってしまったと止む得ない事情で泣く泣く手放すという飼い主さんが、たくさんいることを知りました。

ワンちゃんのことが心配で、何とか新しい飼い主さんを探したいという気持ちがひしひしと伝わってきます。
いい飼い主さんが見つかってほしいとつくづく感じます。

 

【里親を募集しているサイト】

ライフボート

犬譲渡

いつでも里親募集中

里親募集 Whitecat

日本ヒューマン&ペット協会

犬里親募集